所有機種リスト(p世界風リストメーカー)

 所有機や台数を自慢するつもりは、私はマニアであって、コレクターではないですし、個人的な趣味で自分一人で満足している私には何の意味もありませんので、一部の所有台はシークレットとします(そもそも、古くから収集している方の収集台の凄さは知っておりますw)

 趣味なのですから、私と気の合う方とワイワイやれたら、それで十分です。

 シークレット台があった方が、皆さんも色々と私の好みから、所有台の想像・予想を出来たりして、楽しいでしょうしねw



所有機種リスト(p世界風リストメーカー)を見る
スポンサーサイト

非循環か、循環仕様か

 さて、いざパチンコ実機を買って家で遊ぶには、非循環で遊ぶか、循環仕様で遊ぶか、コントローラを取り付けて演出を楽しむか、のいずれかになります。
 非循環とは、ホールに設置してある状態そのままの台の事で、循環仕様とは、台枠やセル盤を加工して、打った玉が全て上皿に戻ってくるように加工してある台の事です。
 コントローラは、仕様によって機能が違いますが、基本的にオートプレイで演出を楽しむものです。

 ここでは、コントローラは放置して演出を楽しむものとして除外して、非循環と循環仕様それぞれの、メリット・デメリットを比較してみる事にします。


循環仕様のメリット
1)玉が数十発あれば、遊ぶ事が可能
2)払い出しが無く、アウト玉も戻ってくるので、玉の補給の必要が無い
3)非循環に比べれば、騒音が小さい
4)ギャンブル性をあまり感じないので、演出を純粋に楽しめる
5)ギャンブル性をあまり感じないので、子供に打たせても、少し安心


非循環のメリット
1)ホールと同じ臨場感と、大当たりした時の出玉感を味わえる


循環仕様のデメリット
1)大当たりしても払い出しが無く、出玉感が得られない
2)加工方法に寄っては、セル交換が難しいか不可能な場合がある
3)台を循環加工すると、基本的に非循環に戻せない


非循環のデメリット
1)玉の払い出しがあるので、大量の玉が必要
2)裏側の賞球パックに払い出し用の玉を常に補給する必要がある
3)アウト玉を、賞球パックに上げるか、大きな受皿を作る必要がある
4)騒音が、循環仕様に比べてうるさいので、打てる環境が限定される



 それぞれにメリット・デメリットがありますが、家パチならば、やはり循環仕様が圧倒的に楽です。それでも、ホールのような臨場感を味わいたくて、自宅に島を自作してしまう強者の方もいらっしゃいます。
 台を収集している中で、台が増えてきたら改めて台によって楽しみ方を変えるなど、いろいろ考えてみるのも良いかと思います。
 
 私は、今はパチンコは完全に「娯楽」だと考えていますので、純粋に演出を楽しみたいのと、親として自分の子供たちにもギャンブル性を味わわせる事なく打ってもらいたいので、循環仕様にして収集する事にしました。

 ただ、循環加工をするという事は、台枠・セル盤に加工をするという事ですので、貴重な台であればあるほど、賛否両論があるかと思います(私でも、貴重な台・台枠は、予備が無いと循環加工はしない事がほとんどです)。

 まぁ、私も収集しだしてから、まだ一年足らずの初心者ですので、環境・台によっては今後の考え方も変わる可能性がありますが…w

これから、台の収集を始めてみようかな?という方へ

 「これから、台を収集してみようかな?」という方へ、私が台を集めだして思った事・感じた事を書いてみます。少しでも参考になれば、幸いです。

 まず、当たり前ですが、お金が結構掛かります。
 メジャー機や人気機種等の値段の高い台だけを収集しようとすると、安い軽自動車ぐらいなら、すぐに新車で買えますw かと言って、思い入れの無い安い台ばかりを買っても、すぐに情熱は冷めてしまいますので、思い入れがあって、かつ安いマイナー台から集め始めると、満足度が長続きするかと思います。

 さらに、自分で循環加工やボリューム加工等をすると、弄る時間も出来て長く遊べる上に、台に対する愛着が増しますw( これでハマれば、あなたは収集家の素質ありですw )
 まだ時間があるようでしたら、台磨き等も愛着が増しますので、個人的にはお勧めですw
 ただ、釘やセルの磨きについては、「歴史が失われる」という意見もありますので、自分のスタイルが固まってから、どうするか決めても良いでしょう。

 今は、オークションでいろんな台が安く売られていますが、オクでの購入は基本的に自己責任です。直接販社から買うよりは安く買える事がほとんどですが、ノークレーム・ノーリターンの原則を忘れずに!

 オクでの購入では、台は基本的に掃除もされてきません。私は、届いて開封したら、ゴキブリの卵が付いていた台もありました(汗)
 最近のオクでは、出品者・入札者ともに非常識な方が多く目立ちます。オクでの取引は、人と人とのやり取りです。客から目線のような人や、何でもお願いして自分で解決しようとしない人は、オクでの取引には向いていません。

 自分で、ちゃんとした台を選定したり、故障に対しても修理・対応が出来るように、知識を身に付ける努力も非常に重要です。また、販社から購入しても、それなりの年代物は必ずしも美品とは限りません、というか美品の方が稀です。
 自分がコレクターなのか、マニアなのかも、収集を始める上では重要だと思います。パチンコ台に愛情を感じる方なら、セル剥げや役物欠け等も長年稼働してきた名誉の勲章と考えられるでしょう。それでも、やっぱり美品が欲しいという方は、出来るだけ販社を中心にした購入をお勧めします。

 パチンコ台・パチスロ台の収集は、私は趣味だと思っています。したがって、他人の趣味、収集台・台数にケチやランクを付ける行為は、無粋な行為です。
 上記のような行為は、残念ながら一部のコレクターの方に実際に見受けられるようですが、趣味なのですから、他人に口出しされたりしても、過剰に気にする事はせず、好きな台で純粋に楽しみましょう!

 後は大変重要な事ですが、保管場所の確保が必要です。当たり前の事なのですが、パチンコはセル基盤を中心に集めれば、パチスロに比べて場所を取らないと、私は勝手に思っていましたので、後から大変な事になりました(汗)

 まず、同じメーカーでも台枠はモデルチェンジするので、数台は必ず必要になります。一つのメーカーだけを収集する人はそんなにいないでしょうから、これが倍々になる訳です。

 私の収集のきっかけが、店と店長を見返すという不純な動機だったため、半年弱で150台以上の台を購入してしまい、出禁での全撤去は本当に大変でした(泣)
 皆さんは、常に保管場所を考えながら、台を集めましょうね。

 騒音の問題もありますが、これは古い台ほど静かです。新しい台は、演出の役物が動くモーター音等が物凄くウルサイです。AKBなんか、重いし、壊してやりたいぐらいですw

 その他に分からない事で、私に分かる事でしたらお答えしますので、遠慮せずにお気軽に、ご質問くださいませ。

収集のきっかけ

 私が台を収集しだしたきっかけも、恥ずかしながら書かないとダメでしょうね…。

 みなし機撤去直後の時のようなレトロ台に対する多くの方の情熱・愛情も、時期を経て少しずつ冷めてしまったようで、最近はホールだけでなく、レトロ台が置いてあったゲーセンの閉店も相次いでいます。
 このままでは、レトロ台を知っている若い世代が減り、レトロ台に対する評価も下がり続け、将来的にレトロ台はメジャー機以外は、ただ廃棄を待つだけのゴミのような存在になってしまうのでは、と危惧しています。

 私がみなし機を打っていた頃は、ワクワクしながら遠方へよく旅打ちに行ったものですが、今では何処のホールに行ってもほぼ同じラインナップで、旅打ちに行く機会も、めっきり無くなりました。
 旅打ちは、初めての台や久々の台との出会いもあり、ご当地グルメや観光も堪能出来るという楽しみもあったのですが、それが出来ない今となっては、寂しい気持ちと昔懐かしい気持ちが入り交ざっています。

 昔のように「懐かしい台を打ちたい、旅打ちをしたい・してもらいたい」、そんな思いから個人でレトロ台を中心に、台の収集を本格的に始めました。
 とは言うものの、最初はそこまでの気概も、正直全く無かったのですが……。

 以前の記事で書いたように、最近のパチンコは演出過多で面白くない上に、負債が大きくなる割に長く遊べないので、ホールからは足が遠のいてしまい、レトロ台が置いてあった群馬県のゲーセンに通うようになりました。

 そこで、平成26年の12月末頃に、店で故障して長期間放置されたままのパチンコ台を見かねて、ただ軽い気持ちから店の許可を得て、自分で台を購入して設置をしたのですが、自分で台の裏側を色々と弄ってみると、これが建築学科出身で工作好きの私のツボに見事にハマりまして、台の循環加工や補修・修理、仕組みや構造を覚えるのが、打つよりも楽しくなってしまいましたw
 それで、他の故障して放置してあった台も入れ替えて、少しずつパチンコ台を収集し始めました( この時点では、まだ数台ぐらいでしたが… )。

 所有機の一部を自ら循環加工して、設置も自分一人でして、店の時間貸しコーナーとして全くの無償で貸与していましたが、事もあろうに店長から「そんなコーナーは、正直どうでもいいんすよぉ~」と、タメ口で言われ、さすがに頭に来て、「それなら見ていろ!」と、これが看板台になるようなレア台・レトロ台を中心に、台を買い漁るきっかけになりました( 今思えば、それこそ、まるで中国人の瀑買いでしたw )

 ところが、通っていたゲーセンでは、台はもちろん、備品や道具等でも、かなりの金額を使い、さらに時間も、3ヵ月程ほぼ毎日通って、他のバイトや店長よりも長い時間を設置や循環作業に費やしたにも関わらず、店側からは残念ながら保管場所や設置に対して、理解・協力が得られませんでした。
 また、あまりの店の接客マナー・清掃・遊戯ルール等の酷さに、社長を含め従業員に何度苦言を言っても全く改善せず、周りでゲーセンの閉店が相次いでいるのに、危機感を感じていない社長に、ついに頭に来て、いろいろと苦言を電話で直にぶつけたところ、「パチンコ台はパチスロに比べて、手が掛かるのに壊れやすくて高いので嫌だ」、「特にレトロ台までは必要ない」、「売上が優先だから、100円機を増やす」等と言われ、レトロ台に対する愛情も全く無く、経営に対する危機感もやはり伝わってこないので、つい口喧嘩になってしまいまして、最後に「店長に代わってくれないと、電話切りますぅ~!!」と甲高い声で言われて、電話をガチャン!!と切られました…(驚)

 で、結局、今までのこちらの行為に対する感謝の一言さえも無く、ゲーセンなのに、いきなり7月末までに台を全撤去の上、出禁を言い渡されましたwww
 平成27年の年明けから、茨城県の本店も危ないと、ず~~~っと口を酸っぱくして言っていたのですが、やはり8月で閉店しましたwww

 看板に「レトロパチンコ」と堂々と書いてあるゲーセンですら、こんな状況ですので、壊れやすいパチンコ台は、特にレトロ台を中心に撤去・廃棄が進んでいるものと思われます。

 台を収集している中で、ある程度の台数が集まり、設置したレトロ台を楽しそうに打っている方たちを見て、おこがましいようですが、このようなレトロ台を打てるような場所を提供する使命感みたいなものも抱くようになり、自然と台の方から集まるようにもなりまして、運命的なものも感じるようになりました。

 ただやはり、個人でやる事・人に頼ってやる事にも、それぞれ限界がある事を、今回の件で痛感しましたので、少しでも、昔のパチンコの楽しさの一つでもあった、アナログ・シンプルな要素を多く持つ台の魅力を知ってもらうために、微力ながらレトロ台を愛してやまない方々と、何か出来るだけ協力していけたら、と考えています。
 
 自分で想いを持って収集した台は、売る気もありませんし、大事に保管したままでゴミにするつもりもありませんので、何かいいアイデア・意見等がありましたら、ぜひお聞かせください。

黄金会館(こがねかいかん)と管理人について

 最近のパチンコは演出過多で面白くない台が圧倒的に多い上に、負債が大きくなる割に長く遊べず、ストレス発散のつもりが逆にストレスが溜まるので、ホールからは足が遠のいてしまい、負けるお金があるならばと、平成27年の2月ぐらいから、自分でレトロ台を中心に台を本格的に収集するようになりましたw

 もはや病気ですので、後先考えずに半年ちょいで300台以上を購入してしまい、置き場所の確保に四苦八苦しております…(汗)
さすがに、もう打ち止め…、いや買い納めにしようと、何度も思っているのですが…orz

 黄金会館(こがねかいかん)という名前は、Fゴールドが私が最初にハマったデジパチだった事と、昔のようにホールが小金でも長く遊べるような状況に戻って欲しいという願い、小金でも皆で楽しく遊べる場所を提供したいという思いを込めて名付けました。
 まぁ、仮想ホールを目指して大層な名前を付けてみましたが、実際は倉庫なので、違和感ありありの場所になりそうですがw

 ただ、「こがね会館」というホールが実際にあると、友人から後で指摘を受けました(汗)
とりあえず、こちらは「黄金会館」と書いて「こがねかいかん」と読みますので、特に検索以外は問題は無いかと思いますが…。

 将来的に、所有台の一部を保管している場所を開放して、マニアの方々の交流の場、およびレトロ台・マイナー台の地位を向上させるための普及の場を作りたいと考えています。

 行く行くは、今の業界の遊技者無視で利益優先の体質を、遊技者の声を大にして訴え、少しでも改善させて、メーカー各社に、古き良き時代の台のような開発をしてもらえるようになったらいいですね。

 また、進捗状況が新しくなりましたら、報告いたします。

プロフィール

こがねだがね

Author:こがねだがね
「黄金会館(こがねかいかん)」へようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる